収益物件で資産運用【賢く収益UPを目指しましょう】

アパート

自分に合った種類を選ぼう

集合住宅

5つの種類から選ぶ

大阪で不動産投資を行う際には、投資対象としてどの収益物件を保有するかを選ばなければなりません。主に収益物件には5つの種類があり、どれも特徴が大きく異なります。現在の収入や資産、不動産投資の経験などを考慮し、自分に合った収益物件を保有するようにしましょう。収益物件の代表格が、アパートです。建物と土地を評価できるアパートは、金融機関から融資を受けやすいメリットがあります。また、一室が空室になっても家賃収入が0になることはなく、安定した家賃収入を得られるのも大きな魅力です。大阪で初めて不動産投資をする方は、まずはアパートを保有することをおすすめします。アパートと同様に初心者の方に適しているのが、区分マンションです。初期投資額をアパートより抑えることができるため、より少ない自己資金で不動産投資を始めることができます。

セミナーで特徴を把握

収益物件の種類には、1棟マンションや商業ビルがあります。どちらも初期投資額が大きく、その分多くの収益を見込むことができます。商業ビルは最近空室率が急速に低下しており、非常に人気が高い収益物件です。大阪でも空室率が低くなっており、今後も人気が続くと予想されています。また、海外不動産も収益物件の種類の1つです。習慣や法律などが異なる海外不動産投資は、知識や経験さえ積めば大きく収益を得られるメリットがあります。どの収益物件を選ぶかは、セミナーに参加して決めることが肝心です。大阪でもセミナーは多く開催されており、どのセミナーも盛況です。それぞれの収益物件の特徴やメリットデメリットを理解するために、セミナーで勉強をしてみてはいかがでしょうか。

土地の活用

パーキング

駐車場として資産を活用する方は、まずは初期費用が必ず必要となります。初期費用の多くは駐車場として工事を施工するものとなります。駐車場は一旦工事施工するとよほどの限り出ないと修復などの費用や必要性はないと思います。

View Detail

リスクも含めて経営する

賃貸

不動産投資を行う際に一番のリスクは空室のリスクです。不動産投資会社が紹介する家賃保証など安心できるプランもありますが、一時のものでしかありません。まずは自らの工夫と知恵で空室を出さないように考えることが大事なのです。

View Detail

管理コストの適正価格とは

握手

投資対象として、あるいは将来のためにとマンションを経営し収入を得る人が増えています。その際管理会社に管理費を支払ってサポートしてもらうことが多いですが、委託するときには相場も確認しながら選びましょう。

View Detail